ecommerce business

標的型攻撃

標的型攻撃に対するサービスの値段について

New Technology

特定の人間の管理している端末を調べる事は大変であるため、無差別にウイルスをばらまいた方がすぐに攻撃を実行できます。しかし相手を限定させない攻撃は効果を挙げるとは限らないので、標的を定めるタイプが登場したのです。 標的型攻撃に対するサービスは世の中にたくさん存在しています。サービスの値段は数万円の出費で済むタイプもあれば、数百万円のお金を求められる物もあります。人間の手が多く加わる場合に料金が肥大化しがちと言われていますが、それは専門的知識に高い値段が付けられているからです。安い値段のサービスは自動的な診断が多いと言われています。

セキュリティに関するサービスの価格について

セキュリティに対する意識が高くなった事で、セキュリティのサービスの価値が上昇したと考えられがちです。しかしながら標的型攻撃のサービス料金はむしろ下落傾向にあります。それはサーバーによる診断を実行する事で、スタッフが現地へ行かなくてもよくなっているからです。ネットワーク回線に接続できる環境であれば、サーバーを利用した診断をいつでも行えます。 ネットワーク回線の敷設が標的型攻撃の対策費用を、下落させている事は間違いありません。今後もサーバーに常駐するソフトウェアタイプのサービスは、様々なタイプが登場していくと予想されています。それらのサービスの値段が安い理由は、一度開発してしまえば何度でも利用可能だからです。