ecommerce business

現代のサービス

大切な情報ほど狙われています

New Technology

重要な情報が回線を通じてアクセス出来る状態にあるのなら、セキュリティに気を払うのは当然の事です。 では、どの程度のセキュリティが必要なのでしょうか。ファイヤーウォールやアンチウイルスソフトで十分なのでしょうか。 残念ながらそれでは不十分なのです。 標的型攻撃というサイバー攻撃の概念があります。これは特定の情報に狙いを定めて行うサイバー攻撃の事です。 この攻撃は情報の価値を認識した上で行ってくるので、何度も執拗に、しかも攻撃の痕跡を残さないように行われます。 このような攻撃に対しては、基本的に専門業者の支援が最も有効な対策となります。

セキュリティ構築のコスト

セキュリティ構築はコストの面で、従来のセキュリティソフトより負担にはなります。 しかし、これは言わば大切な情報を守る金庫の質の問題なのです。情報の重要度に照らし合わせた金庫が必要になったということです。 金庫がその頑健さによって値段が変わる様に、標的型攻撃への対策もどの程度の対策が必要かで掛かるコストは変わります。 サイバー攻撃も現実の泥棒と同じく、金庫を破る手間がその中身と釣り合わなければ攻撃は行われません。この事を意識してセキュリティ構築のコストを考えると良いでしょう。 そして最も大事なのは情報の価値を認識して警戒を続ける事です。 これも現実の場合と同じく、油断なく見守る人間がいる事が標的型攻撃を仕掛ける攻撃者にとっては最も厄介なのです。